何かの記録。

46歳独女の記録。独りで何が悪いんじゃ!

懐かしい長期休暇を思い出す

投稿日:

 

わたくそでーす´ω`)ノ

腰のヘルニアが悪化したため

今日はお休みをしております。

 

朝、目が覚めたときに

「あぁ、まだ寝ててもいいんだぁ」

と思えることがとても幸せに感じます。

労働は本当に拷問ですなぁ。

 

長期休暇を思い出す

 

感染症の影響で2〜3年前に

思わぬ1ヶ月の休暇を貰えたことが二度ありました。

あのときはめちゃくちゃ幸せでした。

会社の決算時期と重なっていたので

何日かは出勤させられたけど

それでも長期の休みが貰え

しかも給料は発生していたし天国でした。

 

長期休暇は感染症対策の一環だったため

誰かから”出かけよう”と誘われることもなく

ひきこもり大好き人間としては最高でしたね。

思う存分一人ひきこもりライフを楽しめたので。

 

働きたくもない、誰とも会いたくない。

これってダメなことなのかもしれんけど

ネットを見てたら自分みたいな仲間がけっこういて

ちょっと安心します。

 

「隠居したい」

「もう働きたくない」

「何もしたくない」

と本音をこぼすと

「まだ早いで」

「ボケるで」

などと言われて現実世界では共感してくれる人は皆無です。

 

働かなければいけない

働かないのであれば何らかの社会活動に関わっておかなければいけない

その価値観は否定はしませんけど

そうじゃない人もいるので。

そのような思い込みは捨てるべきだし

他人に押し付けるのは違うと思います。

 

まぁ現実は働かなければ生活が出来ないので

働くということ以外に選択肢はないのですが…

あくせく必死に働くのはやっぱり嫌なので

あまり働かなくてもいい方法を模索しています。

良い案があればぜひともコメント欄で教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

 

 

 

 

 

やりたくないことはやりたくない。

 

 

 "</p

 

今回これ↓にかなりお世話になりました。

アンメル○みたいに塗っているときに液体が垂れないのでおすすめ。

 

 

 

 

-記憶の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.