人を通してでしか自分は見えない

投稿日:

 

わたくそでーす´ω`)ノ

ちょっと最近思うことがいろいろありすぎて

アタマの中が整理できておらず

ブログを書く時間がありません。

 

最近、友人や先輩に会って話す機会が多かったのですが…

やっぱり人に会うのは大事なんですね。

会う人は選ばないとダメなんですけどね。

元気な時はいいけどしんどい時は・・・

変な人に会うとダメージが大きいので。

 

人を通してでしか自分は見えない

 

自分とはどーいう人間なのか?

何を得意としていて、どこが長所なのか?

これ一人で家にひきこもって考えてても

同じとこ無限ループなんですよ。

答えらしきものがまったく見えてこない。

だけど人に会って話すことによって

不思議とそれらしきものが漠然とやけど見えてきたりする。

 

それを見せてくれる大切な友達や人生の先輩が

自分には数少ないけどいたという事に気付いて

そのことに感謝しかない。

 

自分は何も凄くなくて屁みたいな人間なんですけど

人に恵まれてるというのが最大の武器です。

理由はわからんけど、その時々で自分を押し上げてくれる人が現れる。

運がいいというのもあるんだろうな。

すいません、なんか自慢みたいになって(((*≧艸≦)

 

これは持論でしかないんですけど

自分以外の人を通してでしか自分というものは見えないのだと思う。

自分以外の人はある意味、鏡なんですよ。

 

友達を通して見る自分。

親を通して見る自分。

人生の先輩を通して見る自分。

同僚を通して見る自分。

お客さんを通して見る自分。

 

相手によってそれぞれ自分というものの見え方が違う。

 

人間関係が煩わしいなと思うことの方が多いけど

人間は結局の所、いろいろな意味で一人では生きていけないんですよね。

 

最近、自分以外の人間の重要性がわかって来たような気がします。

そーいうふうに思えるようになったのも

自分以外の人のおかげなんですよ。

 

そろそろ異性を通しての自分を見たいですけどね。

なんでかそこだけは恵まれない。

と同時に自分の子供を通して見る自分はもう見れないんですよね。

まぁでも子供に関しては、今回の自分の人生には必要なかったんだと思うようにしてます。

異性に関しては・・・まぁ腐らずに時を待ちます笑

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

 

 

 

 

 

もうだいぶ長いこと待ってますけど?

 

 

 "</p

 

 

 

 

-出来事の記録, 記憶の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.