何かの記録。

46歳独女の記録。独りで何が悪いんじゃ!

それをマウントと取るか取らないか

投稿日:

 

わたくそでーす´ω`)ノ

 

こないだ、20年以上の付き合いになる友人と

その友人の知り合い(男性)と食事に行ったときの会話です。

 

この友人をAさん、Aさんの知り合いをBさんとします。

Bさん「20年って長いなぁ、なんでそんなに長く付き合えるの?」

Aさん「なんか、女同士って基本めんどくさいやん?すぐにマウント取ってくるし。

ふむちゃんは、そーゆうのがないから一緒にいてラクやねん」

と言っていた。

 

あまり意識しているわけではないけど、そう言われるとそうなのかな?

というか、だいたいマウント取られる側だからな笑

 

このAさん、Bさんとはまったく関係のない話なんですけど

この会話の中で思い出した出来事があったので、今日はそのことを書こうと思います。

 

マウントを取らなければ気がすまない人

 

これはだいぶ前の話なんですけど・・・

 

アボカドから取れた種を、植木鉢に植えて育てていた時があったんですよ。

室内で育ててたし、ヒョロヒョロで葉っぱも少なくて

それはそれはもう、笑えるぐらいめちゃくちゃショボかったんですけど

それを、わたくそのリアルのインスタグラムで

 

「アボカド食ったあとの種植えてみたらショボすぎたwww」

 

っていうのを画像付きでストーリーズに載せたんですよ、おもろいかなと思って。

そんなん載せてるフォロワーもいなかったんで。

 

そしたら、とある知人から「私もアボカド育ててるよ〜」って

その人が育ててるアボカドの写真と一緒にコメントが来たんです。

それはそれはもう地植えの立派なアボカドで

茎とかもしっかりしてて、背丈もあって葉っぱもフサフサで

 

「うわスゲェ〜!!そんなにデカくなるんやな!」

 

って素直にそう思ったので返信して、そこまではまぁいいですよね。

ストーリーズの投稿に対するコメントは、コメントを送った本人と私にしか見えないし。

 

でもその直後に、その人はその立派なアボカドを

その人自身のアカウントのストーリーズに、お載せになられたんですよ。

この人とは、共通の知人も多いので(って言っても10人ぐらい)

両方のアボカドを見てるフォロワーも存在する中での

立派なアボカドのマウント投稿ですよ。

 

なんかねー、心が狭すぎるのかもしれませんけど、さすがに気分悪かったです。

こんなことでまでマウント取られなあかんのかよって。

 

普段は、港区女子系のキラキラ生活の投稿だったのに

ここに来て、いきなり

 

私のアボカド凄いやろ!マウントですよ。

 

ふむふむ。のアボカド、どうやったらあんなにショボくなんの?ヤバくない?

別に特別なことしなくても、これぐらいは育つよ?しょーもな!wwwみたいな。

 

”ふむふむ。のアボカド〜”の部分は、実際に書いていたわけではなく

完全にわたくその被害妄想ですけど

そのタイミングでその投稿って、ようするにそーゆうことが言いたいんやろ?みたいな。

 

どんだけ負けたくないねんって思いました。

キャラ設定ブレブレやし、オリジナリティもないし。

承認欲求強すぎて恐いです。

 

こちらとしては、つまらないマウントを取られたくないから

あえて誰も載せてないショボいアボカドの投稿をしてるのに

ワシの領域に入ってくんじゃねぇ!って思ってしまうわたくそは、心が荒んでいるのでしょうか。

それとも、わたくその方こそが承認欲求が強いのでしょうか。

 

「はははー、おもろいねそのアボカド」

って笑ってもらえればと思って投稿しただけなんですけど、そう簡単には行かなかったです。

 

「おもろいね」とか、

「外に出して日に当てたらもっと育つかも」とか

「え?アボカド食べたあとの種植えて観葉植物みたいになるの?」とか

だいたいはそーゆう反応なんですけどね。

マジで変なやついますよね。

ほんとだるいです。キモいし。

控えめに言ってウザいです。

 

こーゆうことをブログのネタにして書いているあなたの性格がゴミすぎる!

と言われるかもしれませんけど

こんなもんネタにせな何にするねんって話です。

 

不快な思いをするぐらいならインスタなんかやめたらええやろって思ったけど

ネタの宝庫なので、とりあえずはやめるのはやめます。

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

 

 

 

 

性格ゴミでごめん。

 

 

 "</p

 

 

 

 

 

 

 

 

-出来事の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.