恋愛相談をされる40歳未婚女

投稿日:

わたくそのような、どう見たって恋愛にうまく行ったことのなさそうな

独身40歳女に相談しようと思う事が不思議である。

前にも書いた事があるけど、彼氏が浮気をしているという相談。

 

先日、「どうしたらいいんだろう?」と2度目の相談を受けた。

【そんな男やめとけ】の一言でアドバイス終わるんだけど・・・汗

浮気されて、気持ちが冷めないのが凄いなーと。

 

わたくそも、過去に浮気をされた事が2回あって。

一人は、そもそも自分が本命だったのか浮気相手だったのかわからないほど

付き合って早い段階で浮気?をされた。

めっちゃムカついて、相手が手に持っていた携帯(当時折り畳み式)が

鳴った瞬間、半分に折ったったと同時にスーッと気持ちが冷めたので

男にはすぐにその場から消えてもらった。

別に携帯の中身を見た訳ではないんだけど、とりあえずそれぐらいしないと

自分の気がおさまらんというのがあって、折ってあげた。

それぐらいで済んだのだから、相手も不幸中の幸いと思ったのだろう。

買って間もない携帯だったけど、弁償しろともなんとも言って来なかったなー。

ざまーみろだわ。

 

 

もう一人は、理由なく別れたいって言われたんですよね。

他に女がいることもわかっていたし、その女が誰かもわかっていたので

「あの女と付き合うことになったんや~ふーん、へぇ~、わかった。」

とニヤニヤしながら言って了承したんです。

「違う違う!」と必死に弁明していたけど

そのあと、その女と一緒にいるところを目撃した。

しばらくして、その女にとってその男は浮気相手だった事が判明して

えらい目にあったみたいだ。

結局、その女とは別れてわたくそとヨリを戻したいと言って来たけど…

 

あんな女のお古イヤ。

 

と丁重に?お断りした。

付き合っている時、その人の事は凄く好きだったし

ヨリを戻したいって言って来たら、戻ってもいいかなぁとも考えていたのに

実際、言って来た時には「はぁ!?」って思う自分がいました。

よそ見したって言うだけで冷めるんです。

許すとか、そんな器の大きい考え方は持ち合わせていないし

あんな女のお古イヤというセリフからもわかる事だけど

プライドがクソほど高いんですね。

だからこの歳まで結婚も出来なかったというのもあるかもしれない。

 

 

相談者にそんな話をしたんです。

もうね、30半ばで女遊びがやめられない人は

一生治らんと思うよと。

それを覚悟で付き合い続けるしかない。

人なんて変えられないから自分が変わるしかない。

浮気してもいいよっていう器のデカイ自分になるしかないと。

 

だいたいの人は自分の器がデカくなる前に、気持ちが冷めると思うけど

そうじゃない人もまれにおるから、一概にこうとは言い切れない。

女遊びをしまくっている男と付き合っている知り合いがいたけど

結局、10年ぐらい付き合ったあと結婚したから。

そーいうケースも稀にあるから。

 

それが悪い事とは言わないけど、自分そんな扱われ方でいいの?って思う。

浮気されてまで、その男にすがりつくって情けないなと。

そこまでしてまで一緒にいる意味って何なのかが、わたくそにはわからない。

 

この歳まで一人だから、こんなこと言っても説得力ないけど。

でもそんなんと一緒にいるぐらいなら、一人でいる方がマシ。

常にイライラさせられて、悲しい思いをさせられるなんて耐えられない。

 

バレなきゃいいっていう話でもないけど

バレないようにするぐらいの配慮も出来ない男なんて

クソつまらん男やと思うわ。

 

ちなみに、わたくそは付き合っている相手を疑わないスタイルなので

携帯の中身を見たり、部屋を探ったりしたわけでもないのに

浮気が発覚したので、この二人はほんとにクソ男だったなと思う。

 

 

この相談者、別れるつもりだけど

相手を自分に、今以上に依存させてから捨ててやろうと思っているらしく

ごはん作ってあげたり身の回りの世話とかをしてあげているようだけど

男の人ってそんなんで依存するの?逆効果のように思う。

むしろ依存して別れられないのは、この相談者の方なんじゃないだろうか。

 

 

結婚している状態で、旦那が浮気しているけど別れられないとかなら

いろいろ事情もあるだろうし、別れられないのはわかるけど。

 

 

 

わたくそも、そろそろ婚活を本気でしようかなー。

一人は気楽だけど、寂しくそして味気ない。

 

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~ばばい

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくれてありがとござます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

 

 

 

 

 

 

 

 

-出来事の記録
-, ,

Copyright© 何かの記録。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.