アラフォー独女が結婚相手の年収について考える

巷でよくあるテーマ、女が結婚相手に求める年収について考えてみた。

結婚したらどれぐらいお金がいるのかなど、考えた事もない若い頃のわたくそは

結婚相手の男性に求める年収はいくら?という質問に対して

 

300万ぐらいかなぁ?お金じゃないねんなぁと答えていた。

すると質問者さんは、え?ほんまにそんなんでええの?と驚いていたけど

必要最低限暮らせるぐらいの収入があればそれでいいかなぁ?足りひんのかなぁ?

子供が出来たらその年収では無理かー。じゃあわたくそ働くわ。と言っていた。

 

今思うと、若さがあったのでもっと設定値高めでも良かったのかな?と思うけど

300万という設定値でも、わたくそは結婚が出来なかったわけです。

この事により、よっぽどわたくその人間性か見た目に問題があるという事を

みなたまにお気づきいただけたのではないでしょうか。

 

 

余談ですが、この質問の時に一緒にいた男友達の彼女。

音大に通うお嬢様だったのですが、わたくその回答を聞いて

 

「300万?月収やろ?お金じゃないってじゃあ何なん?

私は最低でも年収3000万ぐらいないと無理。

パパの年収がそれぐらいやから、それ以上の人じゃないと無理。

愛とかそんなんよりもお金が大事」と言っていた。

そう言われて、わたくそ顔真っ赤でした。

300万もある意味どうかと思うけど、3000万もどうかと思うで。

そんなヤツ滅多におらんで?と質問者さんはどちらの答えに対しても呆れていた。

 

 

 

 

そして、40代に突入して思う”相手に求める年収”は

300万ぐらいでもいいという考えは基本的には変わらない。

わたくその年収が200万ぐらいなので、それ以下の人は無理というのと

もう子供も産めないだろうしということから、300万という金額になるわけです。

 

 

 

ただ、若い頃と同じ額とは言え、若い頃には考えていなかった条件が今はある。

 

その条件とは、

 

 

まともな家事が出来るかどうか。

進んで家事をするかどうか。

 

 

 

年収300万だとすると、その旦那さんの給料だけで二人が生活するのは無理だ。

となると、わたくそも働かなければいけない。

おそらく今と変わらない頻度で働かないといけないだろう。

フルタイム労働+二人分の家事をしなければいけなくなるなら

わたくそにとって、結婚する方が明らかに損だ。

なので相手の男性が家事が出来るかどうか、進んでやるかどうかはとても重要だ。

 

 

年収300万の稼ぎで偉そうに「風呂!」「メシ!」みたいな人は絶対に嫌だ。

こーいうのは年収にかかわらず、人間性の問題だと思うけど

極端な話、自分が我慢出来るのであれば

稼ぎさえあればその人間性でも許されるかなと。

年収300万で、偉そうな上に相手の身の回りの世話までしなきゃいけないとなると

なんのために結婚したのかわからんわ!となって、すぐに離婚となりそうです。

 

 

家事をまったくしない出来ないとなると

求める年収は400万とか500万とかになって来るのかなと思います。

この金額を提示すると、BBAのくせに贅沢言ってんじゃねえわ!

と罵られるのかなぁ?

 

 

 

 

完璧な家事が出来る人であれば、わたくそと同じぐらいの年収でも別にいい。

でもそうなると、お互いに結婚する意味ある?となる。

 

こうやって突き詰めて考えて行くと、歳を取れば取るほど

結婚率が下がって行くという理由が見えて来るような気がするし

結婚する意味って何?とますますわからなくなる。

 

 

 

ほんとはこんな事が、結婚率低下の理由ではないかもしれないけど

男も女も自分一人、食べて行くぐらい稼げていて

自分の身の回りの世話ぐらい自分で出来るとなると

別に結婚なんて無理にする必要はない。となるのかなと。

 

 

だけど、自分一人食べて行く分すら稼げなくなるか

自分の身の回りの世話すら自分で出来なくなった時

この時というのは、だいたい同時に来るのかなと思うけど

その時までには結婚出来たらなぁというか

出来ればなるべく早く結婚して、二人で力を合わせてその時の為の準備をしながら

残された人生を共に生きて行ける伴侶が見つかればいいなぁという思いがある。

”動けなくなって働けなくなって食べ物も買えなくなってしまえば死ねばいい”

と簡単に割り切る事が、わたくそには出来ない。

自殺なんてする勇気ないし、餓死とか苦しそうやし。

 

 

あと、さっき”結婚する方が損だ”と書いたけど

そもそも損得で結婚てするもんじゃないと思う。

こーいう考え方になってしまうのも、結婚率の低下の理由の一つかもしれない。

考え方が現実的で、勢いや愛だの恋だのだけで結婚出来なくなっている。

 

 

そもそも結婚してくださいと言ってくれる人もいないので

相手の男性の年収どうのこうの言える身分でもないけど。

 

 

この歳になってやっと、歳を取って一人で生きて行く事の怖さがわかって来た。

 

 

 

最近そんな事ばかり考えてしまう。

怖い事ばかりで歳を取って楽しい事がないのか?

と言えばそうではないのかもしれないけど

心配事がないから、人生を楽しめるんじゃないのか?と思うし

心配事が多かったり、先行き不透明で人生楽しめるか?遊んでいる場合か?

でも今、そんな心配をして時間を無駄にするより

もっと今を楽しむべきなんじゃないか?

だけど、今を楽しむなんて言っていられるのは30代までじゃないか?

40代に突入したら、自分の老後や死に方の心配をしないと

取り返しのつかない事になるんじゃないのか?

まずはその心配事を無くさないと、今なんて楽しめない。

その心配事がどうすればなくなるのかなんてわからないのに

考えても無駄なのかもしれん。

 

 

というような答えの出ない事を日々、頭の中で無限ループだ。

 

 

心配事について解決策を考えつつも、今を楽しむのが理想なんだろうけど

そんなに器用じゃない。

 

 

 

 

 

すっごい考えている割には、まだどこか他人事のように思ってるからなー。

自分の置かれている状況にもっと自覚をもって

これからの事を真面目に考えないといけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~ばばい

 

 

 

 

 

 

長いのに最後まで読んでくださってありがとござます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ