ネガティブな考えは周りの人に伝染する

投稿日:

休みの日ほど、早く目が覚める。

遠足当日の小学生のようなわたくそです。

いつもそんな時間に目なんて覚めないのに8時に目が覚めた。

 

いつも通りに寝たいのに。

じゃないと途中で電池が切れるから非効率なんだよなー。

 

眼が冴えて、もう当分は眠れそうにもなかったので

布団でゴロゴロしていてももったいないし起きた。

天気もいいし、布団カバーを洗濯して布団を干す。

 

 

今日は長時間干せるぞーと嬉しい気持ちになった。

 

 

 

朝ごはんは豪華にした。このパン気になってたし安くなっていたので買ってみた。

 

 

 

まぁまぁ美味しかったけど別に普通。

 

どうでもいいんだけど…

 

 

目玉焼きを食べるとどうしても最後がこうなってしまう。

好きな物は最後に食べる派です。

 

 

 

お昼ごはんのつもりで、このチーズケーキを2個食べたのだけど

すぐにおなかがすいた。

 

 

 

我慢できずにカレーうどん。

ちょっと前に作って冷凍しておいたカレー。

自画自賛で申し訳ないけどめっちゃ美味しかった。

レトルトで十分やわと思っていたけど、やっぱり作った方が美味しいなー。

 

 

化粧水を予約していたので、それを買いに行ったついでに

毛穴のお掃除をしてもらった。

1,000円でやってくれるんだけど、これやるだけでかなり色が白くなるし

しばらくのあいだ、乾燥という悩みからおさらば出来るのだ。

毛穴掃除をしてもらっている時に、担当の方に

「冷え性ですか~?お風呂浸かるだけでだいぶお肌の調子も変わりますよ~」

と言われたわたくそは、単純な女なので帰ってお風呂に浸かった笑

 

 

 

このお水を飲みながらお風呂に浸かった。

このお水が不味い訳ではないけど、お風呂では普通の水がいい。

 

 

 

夜ごはんは、いつものやつ。

もやしを2袋買って来て、1袋はもやしナムルを作ろう!と思っていたのに

腐れ縁の親友から電話がかかってきた。

 

 

「今日ね、親戚のお葬式行って来たんだ。」

 

あああああーーーーーーー暗い暗い暗いーーーーーー!

話の内容が暗いねん!

 

 

【お葬式行って来たんだ。】というところでやめておけばいいのに

 

聞いてもいないのに、他の親戚の病気の話まで始める。

あの人は乳がんでー、この人はー〇〇でーと続く。

 

 

 

挙句の果てには

 

 

「私もいつ死ぬかわからんしー。怖いなぁと思ってー。」

 

 

とかウダウダ言い出す。

 

 

だいたいこーいう話って

「そやなぁー怖いなぁー明日死ぬかもしれんしなー

でもそんな事は死ぬ時に考えたらいいんちゃうー?がはははははー(爆笑)」

 

とか言って笑って終わるんですけど、コイツの場合は終わらん。

ずっとその事を話し続ける。

無い答えを対談相手に求めてくる。

 

 

 

確かにいつ死ぬかわからんし、怖いけど…

そんなこと考えて、電話で長々と話し合っても仕方ないしなぁ。

 

 

てか暇なん!?とか思ってしまって。

こっちは忙しくてそんなん考えてる暇ないんやけど!

こうやって話してる間にも、もやしのナムル作れるんやけど!

 

 

とは言わないですけどね。

この親友にはお世話になったし、苦しい時に一緒に居てくれたので。

そう言えば、このブログにも育ちが悪い人でこの親友は登場しています。

 

育ちが悪くて家庭環境が悪すぎて、大人になって鬱になってしまったんです。

考えている事の大半がネガティブで、話していると疲れる。

ネガティブは伝染するという事を、この親友に気付かされたぐらいです。

なので、わたくその調子が悪い時には一切電話には出ません笑

それは本人にも言ってあります。

 

このネガティブな親友は、お笑いがめっちゃ好きなんですけど

自分が暗い事、自分はお笑いでも見ないと笑えない人間だ

という事に気付いているのだろう笑

 

でもわたくそとは違って素直な性格なのでうらやましい。

 

 

話が少し逸れたけどそんな出来事もあって、今日は休みなのになんだか忙しかった。

充実した一日だったという事にしておこう。

 

 

 

5/22の支出 6,483円

今日は化粧水を買ったので支出が多め。

体重は量り忘れた。

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~

 

 

 

 

今日も見てくれてありがとござます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

 

 

-お金の記録, 出来事の記録, 支出, 食べたもの記録
-, , , ,

Copyright© 何かの記録。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.