元カレの夢を見た

投稿日:

20歳から2年ほど、お付き合いをしていた

2歳年上の元カレの夢を今朝見ました。

去年の秋ごろから、この元カレの夢をよく見るようになった。

 

めちゃくちゃ好きだったし、お互い若かったし

あんな恋愛はもう出来ないだろうと思うほどの恋愛でした。

四六時中、一緒に居たし内容の濃い2年だった。

お互い結婚も考えていたのに、ちょっとした事で別れてしまった。

 

そのあと、私は何人かの人とお付き合いをしたけど

いろんな意味で、この人を超える人は居なかった。

20歳ではなく、30歳ぐらいで出会えていたら

この人以上の人は居ないと気付けたんじゃないかと考えたりして

別れた事をたくさん後悔したりもしたけど

何歳で出会っていても、うまく行かなかったんだろうな~。

 

 

もう何年も会ってなかったけど

生涯忘れる事はないだろうと思っていた元カレ。

 

 

別れてからも、ちょっとした近況報告程度だったけど

何年かに1度は連絡を取っていた。

 

私は長い間、大阪を離れていたので

大阪に帰って来たという報告を兼ねて連絡をしようと思いつつも

大阪に帰って来たんだし、焦って連絡しなくても

生きてたらそのうち会うやろと思って、連絡するのを先延ばしにしていた。

 

 

付き合っていた当時、彼と彼の友達数人とよく一緒に遊んでいた。

去年その友人の一人がくれたメールで、元カレが亡くなった事を知った。

 

 

 

 

 

 

元カレは去年の夏、死んでしまった。

 

 

 

 

身内以外の身近な人が死ぬという経験をした事がなかったし

凄くショックでしばらく立ち直れなかった。

人ってほんとに死ぬんだと本当の意味でわからされた。

 

話したいが事たくさんあったのに、死んでしまったらもう話せない。

こんな歳で死ぬなんて思ってなかった。

連絡しようかなと思った時に連絡しておけば良かった。

いろいろ後悔しても、もうどうにもならない事に気付いて

更に落ち込むという事をしばらく繰り返していた。

 

恋愛感情が残っていたわけではないけど

自分にとって、とても大事な人で

愛だの恋だのを超えた存在の人だったし

会う事はなくても、どこかで生きていてほしい人だった。

 

 

 

そんな人が死んだと知り、信じられず受け入れられず苦しかった。

いっぱい泣いた。

 

 

いまだに夢も見るし、よく思い出す。

でももう涙は出なくなった。

去年、亡くなった事を知った時は文字に出来ないと思っていたけど

半年経った今、こうして記録にも書けるようになった。

 

これを書きながら、もう二度と会えないし話せないんだなと

確認している自分がいる。

何度も同じことを思って考えて、どんどん死を受け入れてゆくのだろう。

 

 

この事を教訓に、何年も連絡を取っていない大事な友人数名に

生存確認の連絡を取りました。

もう後悔したくないので大事な人には

少なくとも年に一度ぐらいは連絡をしようと思った。

こんな風に急に死なれたらたまらんから。

 

 

付き合っている時も別れたあとも、この元カレにはいろいろと学ばせてもらって

たくさん成長もさせてもらったのだけど、死んでからもいろいろ教えられた。

本人にはもうお礼を言えないけど、とても感謝している。

 

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~

 

 

 

 

 

 

【感謝している】という事を伝えたいとずっと思っていたのにもう居ない。

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

 

 

 

 

 

 

-記憶の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.