もう一人きりじゃ飛べない

投稿日:

 

わたくそでーす´ω`)ノ

こんにちは〜本日休みです。

長かった連勤通し地獄から開放されました♪

連勤というのは連日勤務。

通しというのはOPEN〜LASTまでの

長時間勤務のことをさします。

そんなことはどうでもいいんです。

 

子供の写真

 

最近このフレーズ多用しすぎかもしれませんが

 

歳のせいですかね?

 

友達とか、職場の人に

子供の写真を見せられる事が多くなりました。

それに付け加えて孫の写真まで…

わたくそは年上の方との付き合いもありましたので

そのような方と今でもSNSで繋がっていて

そこで目にする事が増えました。

 

まぁ所詮、他人の子なのでこちらとしても

「可愛い〜」とか台本通りの反応しか出来ないんですね。

とりあえずこう言っときゃいいでしょみたいな。

いやみんなそうでしょ?

他人の子供や孫に興味なんかないでしょ。

 

なんなんだろう、わからないんですよ。

自分には子供がいないからなんだろうけど

自分の子供や孫の写真を見せたがる心理?

どーゆう心理なのかなーと

そんな事を考えたりします。

 

大きくなったでしょ〜?とか

可愛いでしょ〜?とか

自分には血のつながった

こんな可愛い子供や孫がいるんだよ〜

みたいな感じなんでしょうか?

 

こーゆうことを考え出すと

自分ってやっぱりこーゆう部分で欠落してるな〜と

思い知らされるんですよね。

 

愛とか家族とか

そーゆうのは自分とは程遠い世界のおとぎ話のような…

だけど自分の身近な他人がそれを体験していて

なんで自分は持ってないんだろう〜?

とか思ったりします。

それを悲観していた時もありましたけど

今はそーゆう気持ちはなくなりました。

 

自分が子供としての家族

自分が親としての家族

 

どっちも持ってないんですよ。

母はいますが、母と私。

ただそれだけなんですよ。

これを世間は家族と呼ぶのかもしれないけど

わたくそが想像する家族の形とは違いました。

 

なんなんですかね。

血の繋がりにそんなに価値を感じないっていうか。

 

子供を捨てて出て行った伯母が

「血の繋がりがいちばん大事やで」

とか言ってるのを聞いて

鼻からお茶が出そうになりました。

よくそんな説得力のないことが言えるな〜。

少なくともあなたとの血の繋がりの重要性は

まったく感じないわ〜って思いました。

 

 

もう一人きりじゃ飛べない

 

ここでタイトル回収(←これ一回言ってみたかったw)なのですが

最近、You Tubeでミスチルをよく聴いてるんですよ。

現在、勝手に一人でマイブーム中。

ミスチルいいですよね〜♪

 

で、昨日の夜中もずっと聴いてたんですけど

久々にこれ↓が聴きたくなって…

 

 

この曲のこのバージョンが好きで

数年前から定期的に聴いてるんですけど

今まではとくに歌詞の内容とかを重視して

聴いていたわけではなくて

音の流れと声が心地よくて聴いてる感じでした。

だけど昨日の夜は

とあるフレーズが刺さって来たんですよね。

 

 

もう一人きりじゃ飛べない

君が僕を軽くしてるから

 

 

これすごいなぁと思って。

こんな歌詞思いつきます?

 

自分を軽くしてくれる存在ってすごいですよね。

家族とか愛ってこーゆう感じなんでしょうね。

その存在があるから頑張れる。

そして僕も君を軽くできる存在になりたい。

みたいな。

 

 

この曲の序盤に

 

君には従順を僕には優しさを

互いに演じさせて疲れてしまうけど

それでも意味はあるかい?どう思う?

 

とあるのですが

これが答えかなぁと思います。

 

それでも意味があると思える存在に出会えるかどうか?

 

もしそう思えたとしても

それって勘違いだったりするときもあるわけじゃないですか。

だからこんだけ世の中には離婚する夫婦が存在する。

意味があるとあの時は思ってた、でも今は・・・

ってことでしょ。

 

ぜったいに家庭内のいざこざとか

夫婦関係のいざこざとか

修羅場とかがあると思うんですよ。

そのグチやら文句やらをいっさい表に出さず

家族をやれてる人ってすごいなーって思います。

 

不倫とかして外に癒やしを求めてた人が

家族がどうとか子供がどうとか

孫が可愛くてたまらんとか言ってるの見ると

都合いいなぁ〜って思います。

 

結局、自分のポジションを維持したいだけやん?

って心の中では思いつつ

「お孫さん、めっちゃ可愛いっすね」

って言ってますわたくそは。

 

結局そこなんですよね。

ポジションを守りたいだけ。

自分が何者かとして存在しないといけない。

父としての自分、母としての自分。

 

大半の人が考える幸せのカタチというものがあって

それを演じなければいけないような風潮がありますよね。

現代において人生とは

”いかに自分を幸せそうに見せるか?”

というゲームかなって思ってます。

 

なので結婚していない人や

子供がいない人が

犬やら猫やらの写真を

頼まれてもいないのに他人に見せるのも

同じ原理なんだろうなーと思ったり。

 

 

安室ちゃんのように、自分という存在だけで

自分を表現出来ている人はカッコイイな〜とか

最近はそんなことを考えたりします。

 

 

これを読んで気分を害された方も

少なからずいらっしゃるかとは思いますが

嫉妬やら妬みなんだろうな〜

何も持ってない可愛そうな人なんだな〜と思って

聞き流してください。

価値観は人それぞれなので。

 

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

 

 

 

 

 

 

わたくそもできることなら誰かと飛びたいけど広げる羽がもうない。

 

 

 "</p

 

 

 

 

 

-記憶の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.