男ってガチな女には臆病ですよね

投稿日:

 

わたくそでーす´ω`)ノ

今日の内容は昨日の投稿のおまけのような感じです。

 

わたくそのお友達の高スペックIQ130女子なんですけど

この女子と一緒にいると

男が群がってくるということを

昨日、ちらっと書いたんですよね。

そしておもしろいぐらいに飲み代を払いよるww

 

その群がってくる男たちに

わたくそは都合よく使われる

可愛そうな女なんですよ。

 

「ふむちゃん、また飲み会に行こうよ」

「あの店行く時は誘ってよ」

 

わたくそもいくらバカでもそこまでバカではないので

 

「飲みに行こうよ(絶対あの子呼んでな)」

「あの店行く時は誘ってよ(お前だけの時は誘わんでええよ)」

 

だということなのはわかっています。

ちゃんとあなたがたの心の声も聞こえてます。

空気も読んでますし立場もわきまえてます。

 

「ふむちゃん、○○行く計画してよ(もちろんあの子呼んでや)」

 

そんなに好きなら自分で誘えばいいのに。

さすがに恐れ多くて自分では誘えないのか。

レベルが違い過ぎるもんな。

自分の立場というものをよくわきまえておられるようです。

 

昨日もそのIQ130女子は美人と書いたのですが

どのくらい美人かというと…

 

群がってる男の中の一人がその女子を見て

「ローラやん!!」

って言ってました。

そのレベルの美人です。

年齢は40歳超えてますけどね。

めちゃめちゃキラキラしてますよ。

何もかもがキラキラしてます。

女は歳じゃないねんなー見た目と愛嬌やなーと思います。

 

ということで今後はこの友達のことを

高スペIQ130女子と入力するのがだるいのでローラとします。

 

 

ここまで読んでくれた方の中で

 

「いやいや、ふむちゃん目当ての人もいるのでは?」

 

と思ってくれた人がもしかしたら一人ぐらいは居てくれたら

嬉しくて飛び跳ねますが

そうではない事が証明された出来事があるんですよ。

 

美人は一生のうちにブスに比べて1000万円ぐらい得をする

 

昨日も書きましたが

ローラと一緒に飲んでいる時は男が群がって来て

その男どもがおもしろいぐらい金を払います。

 

しかしながら別の日に

まったく別の友人と同じ店で飲んでいた時のこと。

 

ローラに群がってきた男の中の一人と

偶然鉢合わせたのです。

「おぉー偶然やなー」

みたいな感じで隣に座ってきよったんで

仕方なく一緒に飲んだんですよ。

隣に座らんとってくれへん?とか言えないんで

一緒に飲まないと仕方なかったんですよ。

”今日も余裕で飲み代浮いたなー”ぐらいに思ってたんですけど

1円も払ってくれませんでしたwww

 

金払ってくれないならヒトコトも喋りたくないどころか

目も合わせたくないんですけど。

金も払わんのになんで話しかけたん?

いやほんまにお願いだから話しかけないで。

私のことはほっといて。

マジで時間と愛想笑い返してよって思いました。

 

いやほんま1回だけ死んでくれへんかなあいつ。

 

 

 

こんなところでも格差社会

 

この前行ったときに、この店の店主が

「ローラちゃん、飲み代1回分預かってるから。」

って言うから、どうゆうことなん?って聞いたら

「こっちに座ってるお客さんと、こっちに座ってるお客さんが

ローラちゃんのこと気に入って

俺がこの子の飲み代も払う!!

って二人のお客さんからお金払ってもらってて

それを預かってるねん」

 

ということだそうだ。

二重に支払いしてるから、ローラは1回ただで飲めるということ。

 

 

なに?この格差。

私が1回死ねばいいのか?

ブスは死ねということか?

 

 

話が本題から逸れたようですけど

男ってどうでもいい女には

失礼過ぎるぐらい失礼な態度も平気で取りよるけど

ガチで気に入ってる女には

手も足もどころか、ぐうの音も出ないですよね。

 

12月に飲み会設定して!って言われてるんですけど

ムナクソ過ぎます。

 

あの男どもからしたらわたくそなんて

ローラちゃんの横におる、なんか冴えない取り柄なさそうなただのオバハン

みたいな感じやと思います。

 

だけどこれだけは言ってやりたい。

 

その取り柄のなさそうな冴えないオバハンが居なければ

お前らはローラちゃんと会うことすらできないのだよ。

どっちが上かよく考えろよな。このブサイクどもが!!(お前が言うなwww)

 

 

 

 

 

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

 

 

 

 

 

ネタにしてるけど一人で泣いてます。

 

 

 "</p

 

 

 

created by Rinker
ドウシシャ(DOSHISHA)

 

 

 

-出来事の記録, 記憶の記録
-

Copyright© 何かの記録。 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.