Sponsored Link

育ちが悪いの定義②

育ちが悪いの定義、第二回目でございます。

ここからは、わたくそが出会った育ちの悪い人々のことを

書いていくつもりです。

 

一番身近な人からで、まずは母です。

前回少しふれましたが、この人は3歳ぐらいの頃に実母を亡くし

そのあと、後妻さんが家に入りこの後妻さんに母は育てられました。

その後妻さんには連れ子もおり、格差もあったでしょう。

そしてそんな母がどのような大人になったのかは

前回の育ちが悪いの定義①にわたくその身の上話の

登場人物として書かれてあります。

 

母は4姉妹の末っ子で、上3人のお姉さんたちも全員離婚。

その子供たちの大半は私含め、婚姻歴ナシ。

結婚した者のうちの一人(男)は、結婚離婚を3回ほど繰り返して今に至る。

子供は確か4人ぐらい居たと思いますが一人だけ引き取って育てているようです。

この従妹にあたる人たちが、唯一のわたくその血縁者になるわけですが

迷惑をかけられそうなので接触しないようにしている。

 

 

母のお姉さんたち(叔母にあたる)もかなり品がなく

酒、たばこ、ギャンブルに溺れている人たちで

この姉妹げんかが子供ながら、震えるほど凄まじかったです。

あんな姉妹ならいらねぇ~という感じでした。

 

従妹のうちの一人は、長年不倫をしていて…というか愛人業なのですが

その従妹が持っていたエルメスのバッグを見て母が

「ええの持ってるなぁ」と言ったところ

「おばちゃんに買えるような物じゃないわ!」

となぜか、吐き捨てるように言われたそうです。

自分の稼ぎではとうてい買えないくせに偉そうに。

 

あなたが凄いのではなくて、あなたの飼い主が凄いだけなのですよ?

 

と私なら言ってあげますけどね。

40半ばですが、いい感じで底辺っぷりを発揮しております。

私的にはこの従妹が一番クズかなと思っています。

子供の頃からめちゃくちゃケチだったので

貯金はけっこうありそうだけど…なんせ愛人業ですから。

ちょっとぐらい隠す努力をすればいいのに、育ちの悪さ丸出しです。

 

そのクズの妹にあたる人は、無職ひきこもり

母親の保険金で生活をしているようです。

しかし、姉に全額握られているようでお金をあまり持っておらず

1週間に一度、コンビニでおにぎりをまとめて買って来て

それを1日に3個ぐらい食べて生きているそうです。

生活力がなさすぎというか…ちょっと頭があれなのかもしれない。

 

 

 

母の一番上のお姉さんは離婚をして2人の子供(従妹)を捨てており

その子供(従妹)は元ダンナさんの後妻さんに育てられたようです。

家庭を持ち、離婚もしていないので従妹の中ではまともそうに見えるけど

母の姉がかなり歳を取っているので、相続目当てでたかっているようです。

今まであんなの親じゃないと言って接触しようともしなかったクセに

死期が近づくとこうです。

子供の頃に捨てられた腹いせなんだろうなと気持ちは痛いほどわかりますが

こいつもまぁまぁクズかなと思います。

 

 

 

そしてわたくその父親は…

この人の事はよく知りませんが、ただの田舎者です。

田舎者が都会に来て、調子に乗って女作って遊んでいたら

痛い目にあったという感じでしょう。

田舎者というだけで家庭環境はそんなに悪くはなかったのではないか?

育ちが悪いというわけではないんじゃないか?と想像しております。

まぁでも頭は凄く悪そうな感じです。

あれに似てわたくそも頭が悪いのだと思います。

 

 

と、身内の事だけでこんなに書けてしまって予想外でした。

 

 

 

 

③につづく…

 

 

 

 

今回も最後まで読んでくれてありがとなの(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

 

 

 

関連記事

2件のコメント

  • やまこ

    すいません、叔母は母親より年下の姉妹を言います。親の姉なら伯母なのです。知らない方が意外と多いですが、読んでて混乱するので、お間違えなく。

    • fmfm

      ええええ!そうなんですかー!
      初めて聞きました。
      伯父と叔父の違いも調べてとても勉強になりました(;^_^A
      ありがとうございます♪

コメントを残す